フランチャイズとは

フランチャイズという言葉をよく耳にします。
しかし実際には一体どんな意味なのかよくわからないという人も意外と多いのではないでしょうか。
フランチャイズとは「特権を与える」という意味の言葉で、日本ではサッカーの興行権やプロ野球の本拠地をはじめ、もっと身近な話だとコンビニエンスストアの店舗経営などに、よく使われている言葉です。

とくにコンビニエンスストアの店舗経営で実施されているフランチャイズは、もともとアメリカで開発されて日本に持ち込まれたビジネスモデル形態で、フランチャイザー(本社、特権を与えることができる人)とフランチャイジー(各店舗の責任者、特権を与えられる人)の関係性をベースとしてビジネスを広く展開することです。

フランチャイズビジネスは、フランチャイザーから経営方針やその会社の商標や商品を使ってビジネスをして良いという特権を、フランチャイジーである各店舗などに与えて店舗運営を任せて利益をあげることや、その商標・商品を広く世の中に浸透させる効果を期待しています。

コンビニエンスストアでいうのであれば、フランチャイザーは企業本部でフランチャイジーは全国加盟店となりますし、この形態はコンビニのみならずハンバーガーショップ、クリーニング店、ベーカリーなど、全国でチェーン展開しているあらゆる店舗が該当しています。
各店舗はフランチャイザーから与えられたさまざまな特権(経営方針、サービス内容、商標、商品など)を範囲内で自由に使って店舗運営を任されており、フランチャイザーからの指導や援助を定期的に享受することで管理されています。